業務内容の案内

これまでにご依頼をいただいた例

 

《不動産会社、一般法人様からのご依頼

〇売買・賃貸等の鑑定・調査業務

〇各種の税務申告で用いる価格資料

〇各種の立地分析

 

個人様からのご依頼

〇相続、共有物の分割、借地借家などの相談

〇相続税に係る資産査定

〇物件購入の際の現地同行調査

〇耐震診断、耐震基準適合証明書発行

 

《税理士、弁護士、司法書士からのご依頼
〇鑑定業務、価格意見書、広大地判定意見書

〇過去時点の取得価格の算定

 

《ハウスメーカー様、デベロッパー様》

〇既存建物除却(取壊し)助成金申請

〇耐震診断、改修検討業務

不動産鑑定評価

【税務資料として】

 財産評価は基礎的な不動産調査が最も重要です。

    不動産鑑定士は常日頃から実地に調査しており確実な調査が出来ます。

 また、不動産鑑定を使うことで、税務対策が可能な場合がありますので、お気軽にご相談ください。

 

【調停・裁判資料として】

 共有物を分割するとき、相続した持ち分の価値を知りたいとき、

 借地の更新料が妥当か知りたいとき、当事者間で争いになる前にご相談ください。

 専門家にご相談頂くことで解決することが実は多いです。

 

【担保評価】

 金融機関の融資ご担当者様にご利用いただくことが通常です。

 しかし、一般の方で金融機関の評価に疑問を抱くこともあります。

 そんなとき、当社では鑑定書の検証をすることがあります。

 

【親子間・関連会社間の売買】

 縁故関係がある当事者間で所有権移転する場合、税務対策として、

 適正な価格で売買したことを証明する価格資料としてご活用いただいております。

 

【地代・家賃・更新料など】

 地代・家賃の改定交渉に際しては、不動産鑑定士が作成した賃料レポートを活用することにより、理論付けされた客観的資料による効果的な交渉(話し合い)が可能になります。賃貸借契約の内容を分析・検討し、周辺賃貸事例を収集・分析して、説得力が高い根拠資料を作成します。

 

【外国に保有する資産】

 海外不動産を調査し、鑑定評価書を作成します。

 

【事業承継を行うとき】

 事業を承継させる時、保有している建物や土地などの不動産も承継対象になります。その際に不動産本来の価値を正しく知っておくことによって、節税対策につなげることができます。

 

株式会社木村不動産鑑定  

TEL:0120-462-215

メールはこちら

 

建築関連業務

【耐震基準適合証明書】

 住宅ローン減税、不動産取得税減免、不動産登録免許税減免のための書類発行。

 中古不動産の売買で有効に活用できます。売買契約後でも取得可能です。

 

【フラット35適合証明】

 住宅ローンでお困りの方、フラット35をお試しになってはいかがですか。

 

【建物診断(インスペクション)】

 床下、天井裏、水回り、不同沈下、ひび割れなどを調査します。

 改修工事の見積り賜わります。

 

【大規模修繕計画】

 マンションの大規模修繕は管理会社任せにしてはいけません。

 分譲マンションでは管理組合の合意形成が重要であり、支援します。

 

【空き家、更地の有効活用】

 使い道がないと思っていた土地や建物でも一工夫をします。

 建て替えや未利用地に計画するとき、税金は大丈夫か、借入れの返済計画は?

 町の不動産屋さんにはないノウハウがあります。

 

【建築の計画】

 土地や地域に適合した用途、土地形状や各種法令を遵守した建築プランを立案します。

 

株式会社木村不動産鑑定

TEL:0120-462-215

メールはこちら

 

耐震診断業務

【耐震診断・補強設計】

 耐震改修促進法の改正により安全性が明らかでない建築物の耐震診断が義務化されました。

 助成制度を利用した耐震診断をご提案いたします。

耐震診断は昭和56年以前の古い建物が対象になります。

 財団法人日本建築防災協会(建防協)の診断基準に準拠した耐震診断を行います。 

 診断の結果、改修が必要な場合、耐震改修設計を行い、補強工法を決定します。

 耐震改修により安全性を確保、長寿命化、資産価値の保全を図ります。

 当社では、事務所ビル、分譲マンション、一般住宅の耐震診断実績がございます。          

耐震基準適合証明書発行

 中古不動産売買でも耐震基準適合証明書があれば、住宅ローン減税、不動産取得税、登録免許税が減免されます。中古不動産を取得する際はお気軽にご相談下さい。

 

株式会社木村不動産鑑定

TEL:0120-462-215

メールはこちら

 

資産税適正化

【相続税申告に用いる価格資料】

 財産評価基本通達により相続税額を算出します。

 土地は路線価方式、建物は固定資産評価基準で求めた固定資産税評価額を使います。

 いずれも画一的な評価であり課税の公平性が担保される面もありますが・・・。

 特に古くなった建物は固定資産税評価額と市場価値と大きく乖離する傾向があります。

 鑑定評価では、不動産の市場価値を追求し、適正に評価を行います。 

 土地だけでなく、建物の評価についても、ご相談賜ります。

 

【固定資産評価適正化】

 ご所有不動産に賦課された固定資産税に過誤納がないか確認をして適正化を図ります。

 

【不動産取得税、登録免許税】

 通常、固定資産価格が修正されると取得税、登録免許税にも影響します。

 

 

株式会社木村不動産鑑定

TEL:0120-462-215

メールはこちら

 

建物調査(インスペクション)

買主の立場に立った不動産の調査及びコンサルティング

 

【不動産視察同行】

 中古戸建住宅・中古マンションの購入を検討しているが、重要なことを見落としそうで不安。

投資用不動産を購入しようと考えているが物権の見方が分からない。

不動産の専門家に物件を一緒に見てもらい、適正価格の査定もしてほしい。

という場合にご依頼主様とご一緒に購入予定不動産を視察し、アドバイスするサービスです。

複数の候補不動産を検討中の方にお勧めです。

 

【不動産調査報告書】

気に入った不動産を見つかったが、問題はないかなど目的に合わせて調査の上報告書を作成いたします。

 

株式会社木村不動産鑑定

TEL:0120-462-215

メールはこちら

 

リフォーム改修業務

中野区沼袋 築45年 木造戸建

「もう住めない」から「あと30年は住める」を実現します。

既存解体工事

断熱工事(壁・床・天井)

リフォーム後

 断熱+耐震+バリアフリー+間取変更+設備更新+書棚造作など

杉並区高円寺南 築48年 木造戸建

「ボロボロの借地権付建物(1年間は空家)」でした。

 そのままでは建物は老朽化し誰も住めないので地主様に借地を返そうかと考えていたところ、当社に御相談にいらっしゃいました。

 その結果、いろいろ苦労しましたが、「高利回りの戸建貸家(庭付き、駐車場付き)」に変身しました。

リフォーム前

リフォーム後

断熱+窓・バルコニー・玄関ドア交換+間取変更+耐震+外壁・屋根塗装+設備更新+外構(玄関アプローチ・駐車場整備・立水栓・庭木剪定)など

 

株式会社木村不動産鑑定

TEL:0120-462-215

メールはこちら

■中古不動産(既存住宅)流通促進

国土交通省ではストック資産の活用が不動産市場活性化にとって重要であるとしています。このため、物件調査(インスペクション)のガイドラインを規定し、瑕疵担保保険付与のために調査を実施するものに一定の要件を定めました。当社ではガイドラインに則った調査を実施します。これにより、安心、安全で、かつ適正価格水準での不動産取引を推進します。